(仮)

プロフィール迷子の関東在住アラサー兼業主婦

東西線

子供の熱がやっと下がって出勤しましたが、朝の慌ただしい準備ペースを体が忘れ去っており焦りましたニチカです。

数年間もほぼ月20日毎朝実行している行為を、たった4日のブランクで忘れるとは自分の脳みそが怖いです。

 

ちなみにこれを書き出したのは火曜の朝でした。気がつけばあっという間に金曜に。

時間が余りにも早く過ぎるのに、びっくりしています。

 

さて只今帰宅中ですが

揺られているのは東西線

私は関東に出て来てほぼ全ての通学通勤時間を東京メトロ東西線と共に過ごしています。

西東京側から千葉方面まで直通で接続し、地下鉄なのに地下も地上も河の上も走って、私にとっての主要駅をほぼ全て網羅してくれている東西線。 

公共交通網の全く整備されていないど田舎に住んでいた高校生時代、どこまでも縦横無尽に張り巡らされた鉄道は、東京の象徴であり憧れでした。

椎名林檎の丸の内サディスティックを聴いては、池袋、御茶ノ水丸ノ内線にいつか乗ってみたいと憧れ

遂に丸の内線に乗って辿り着いた御茶ノ水では、立ち寄った楽器店で大好きなpillowsが流れていて感無量でした。

 

情報から隔離されたど田舎に居て

ジャンプの発売も遅くて

テレビでやっているような流行のお店なんて全く近所に出店がなく

田舎の人は、その生活場所以外の情報に興味などなく、私はいつも焦っていたと思います。

 

世間から取り残されていくようだ

ここにいたら、色んなことを知らないまま一生を過ごさなくてはならないんだろうか

 

その焦りが、今も私の中に根深く残っているのを実感します。情報格差に大げさに怯えている自分がいます。情報を得たからといって活用できるかも解らないのに、首都のトレンドから置いてけぼりにされるのが悲しい。

こういうことを思っている間は、まだわたしは東京に馴染んでいないということなのかもしれません。

考えるたびに切なく焦れるような気持ちがします。

そしてそれを、毎日の通勤の東西線が少し緩和してくれるのです。

 

東西線は、千葉方面から西東京まで接続して走っています。東西線の千葉の果て東葉勝田台を走っている機体も、都心の大手町を走っている機体も、23区を通り過ぎて三鷹を走っている機体も、全て同じものです。

私はそこに安堵してしまう。

 

私が毎日揺られ、見ているこの車内の風景は

大手町で降りてオフィス街に向かう会社員の人も、三鷹からジブリ森美術館に向かうカップルも、沿線の大学生も、みんな同様に見てるものなんだ。

 

そう思って、東京に出てきた過ごした10年近い年月を過ごした自分を振り返って、これからも頑張ろう、と思い直しています。

 

 

毎日毎日ほとんど間断なく働き続ける鉄道網に敬意を表し、終わります。

 

 

 

 

哀しい自意識

金曜に子供が熱を出して急遽会社を休んだニチカです。

会社を休むと罪悪感で落ち込むのと、子育てに向いてないという自覚がある中で

熱で機嫌の悪い子供と膝付き合わせて24時間耐久レース。

家にいるのが苦行でありました。

こういうと顰蹙を買うから、その思いを喧伝しないほうが良いよと夫は言うけれど、私は子供といるのが辛いのです。

朝決まった時間に起きて、子供を起こし、ご飯を毎日三食きちんと作り、食べさせ、片付け、家を掃除し、洗濯物を畳んで干して、風呂に入れ、遊ばせて、本を読んでやり寝かしつけて、、連休ともなるとこれを数日連続でやるのです。

子育てしてれば、当たり前のことなんだけど想像よりずっとずっとずっと辛いぞ。

なんだこれ…と途方にくれます。

 

『母親』という業務の負担が私には重すぎて、でも逃げられるものでもなく

家庭にいても『母親』役以外の自分を解放できる場所として、ブログという手段に訴えてみているような気がします。

 

ただこれは、軽率に

子育てに向いてないから辛いんだよね

の一言で片付けて良い問題なのか

もっと向き合って考えなきゃなと思いつつまだ自分の中でも消化できないテーマだったりします。子供が可愛くない訳じゃないし、母親を降りたい訳でもないのにな。

 

久しく自分の考えを文章に落としてみる作業をしてなかったので、少しずつ的確に掴めるようにして行きたい次第です。

 

さてのっけから

賛否両論ありそうな話をしてしまいましたが、もっと賛否両論あるだろう話題を取り扱います。特にどなたが見てくれる訳でもない個人的なブログなので、率直に感じたことを。

 

ものすごく様々な媒体で様々な立場の人が言及しているだろう話ですが、過労死で亡くなった方の話です。

最初にニュースで見たときから、なんだかとても悲しくて、日常を過ごしていても中々頭から離れません。

亡くなった方は、ほぼ同世代の方で、同性で、たったそれだけの符号だけど、他人事に思えなくて、気になりました。

同時に、そのニュースはしばらく報道で取り上げられ続けるんだろうな、と思いました。

 

電通という言わずと知れた超有名大企業

最高学府の東京大学出身

若くて美人な女の子

クリスマスに起こった悲劇

そしてSNSでの率直で克明な記録

 

キーワードになるものが

あまりにも多すぎるこの事件は

関連した問題を提起するのに、色んな人が色んな立場で、色んなことを主張するのに引っ張りだこになるだろうと、思いました。

 

すでにもう、様々なところで取り扱われた記事を見てきましたが、そのぐらいで命を絶つなんて甘いという意見もあれば、会社の責任を徹底的に追求して再発防止をという意見もあり違う意見の人同士で喧喧諤諤といった形でした。

私は、どの意見も、こういう意見を言う人がいるだろうなーと思う反面、わたし自身ははどう思えばいいのか、まだ混乱しています。

基本の感情で言えば、こんなことが起こってしまうような状況がとても悲しい。

私が悲しいという感情を感じることすら、おこがましいのかもしれない。

せめて今は、わたしの周りにいる人が

壊れてしまわないように

見逃さないようにしたいと思う。

 

しばらく、置いて

考えたい問題だと思いました。

メゾン・フレグランスへの憧れ

只今食洗機を回そうとして

見事に粉末洗剤を取り落としぶち撒けたニチカです。

あまりに焦りすぎて、真顔になりました。

人間あまりに焦ったり混乱すると

取り乱してはいけない、落ち着かないとと思うあまり真顔になってしまうものなんでしょうか。

床と引き戸に複合的にぶち撒けた洗剤をやっと回収して、布巾を洗濯機に入れて一息つきました。ふう。

 

今日はブログで今後手元に置いておきたいフレグランスのメモを残しておこうかな、という所存であります。

昔から香水が好きで

でもそこにつぎ込むほどのお金もなく

ずっとメゾン・フレグランスというものに憧れております。

(香水やらパフュームやらフレグランスの表記の揺れはご勘弁いただきたい)

中学生当時からチープな香水を買い集め

大学生でボディショップのローズ香水にハマって、しばらくマイ香水としていたのですが

お気に入りのものが廃盤に。

次なるマイ香水を探しているうちに

メゾン・フレグランスたちの存在を知りました。

ひと瓶50mlで軽く諭吉さま1〜2名差し出さないと手に入らない

何故かネットでなく直営店舗に出向いて購入しなければという思い入れがある

との理由から

現在は量り売りで少しずつお試しして

いつか購入に出向くその日までにコレ!というものに出会いたいです。

 

✳︎サンタマリアノヴェッラ

王妃の水

ローザ♡

フリージア

 

✳︎ジョーマローン

レッドローズ

シルクブロッサム♡

 

✳︎セルジュルタンス

ラニュイ

ニュイドゥセロファン

サマジェステラローズ

ラフィーユドゥベルラン

 

✳︎パラッツォヴェッキオ

天空の花

 

✳︎フランシスクルジャン

アクアユニヴェルサリス

 

✳︎アニックグタール

ケラムール♡

プチシェリー

 

✳︎ペンハリガン

エレニシア

 

✳︎ラルチザン

ティーフォーツー♡

シャッセドパピヨン

 

✳︎ゲラン

夜間飛行

 

✳︎グリード

✳︎クリーン

 

♡のやつは肌で何日か試してみたけれど

どれも結構お気に入りです…特にもともと絶対好きだろうなーと思っていたローザはドンピシャ。

画像は、量り売りで譲っていただいた瓶の画像。とっても丁寧で嬉しくて記念に撮っておりました。

 

香水は、普段意識しない自分の中の女感みたいなものを自覚させてくれる気がして

纏うとまた普段と気持ちが変わるような感覚です。

 

今使っているポールスミスのローズも好きだけど、少しずつ集めていきたいな。f:id:heliotr0pe:20161007235534j:image

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 ジェーン・スー

表題の作品を只今某カッフェにて1人拝読させていただいております。

 

三浦しをんさんコメントの帯を纏ったこの小説、実はこうして推される前に何度か本屋さんで手に取っては買うのを躊躇っていたもの。

何度か本屋さんで手に取った本ってなんだか愛着が湧いてしまい、ついつい次会った時は買ってしまいませんか。

 

 

私は職場の近くのよく行く本屋さんで平置きされているのを見て、家の最寄り駅の本屋さんでもなんとなく探して本棚から発見し、それでも買わずにいたのだけど(なにせタイトルが共感するのと自意識が恥じらうのとで忙しくてレジまで持って行く余裕が芽生えず買えなかったのです。)

3度目の邂逅にてついに購入するに至りました。もちろんしをんさんの推薦もなんだか後押し。帯ってすごい。わたしが単純なだけかしら。

 

そうして手に入れたこちらの本。

もともとかの『負け犬の遠吠え』をお書きになった酒井順子さんの著作が高校の頃の愛読書だった上に、只今絶賛雨宮まみさんのWEB連載を追いかけ、なんなら漫画では東村アキコ先生の『東京タラレバ娘』を買い集める私。

 

フィクションなりエッセイなり、女性の目線でオンナの自意識に切り込んだエグい読み物を読むのが好きなんだなあ、としみじみしました。

 

私は上記読み物に登場する女性の目線に頷けることが多く、どちらかというと一時流行った『スイーツ女』を忌み嫌い、オンナとしての価値の前に人間的ミリョクガー!

などと豪語していたタイプの人間です。

 

ひょんなことからオットと子供と家庭を持つに至ったけれど、それは本当に勢いと成り行きで

高校生の生活科の授業でぼんやり立てたライフプランで、私は自分が20代に結婚するなどと夢にも思っていなかったです。

 

そんな私が、あまりにもハッとした一説を引用させていただきます。

『隙のある状態に耐えられる能力は、あいまいな空気を他者との間に漂わせたままにできる強さです。一見主体性のない女の子の方が、強気な女よりずっと強いと思うことがあるのは、己を漂わせる強さを彼女たちが持っているからです。』

 

そーーーうなんです!!!

そうなんですそうなんです!!!

私は明るく元気な反面、内弁慶のクセに傲慢で頑固なところがあって、ある程度一緒にいる人には強気に見られます。(私の情報はいらなかったですね。)

 己を漂わせる強さ

この言葉すごく心に響きます。

自分に自信がないから、自分を固めて守ったつもりでいないと落ち着かない

他者に委ねることが出来ない

自分の把握しきれない、曖昧な空気に耐えられない、のは、その強さがないから。

一見主体性もなく信念も向上心もないように見える人を内心軽んじてしまっているとき

ふとした瞬間に、その強さを垣間見てしまった時の衝撃は計り知れない。

その人の全容を知りもせず慮りもせず、自分の物差しでひとを判断した自分の浅はかさに、そうして恥じ入る自分の自意識の強さに、そしてわたしのようなものの目線に髪の毛の先ほどの影響も受けない、その人の在り方に。

羨望と絶望を覚える瞬間は

何度かあるけどどれも辛かった。

 

私も己の輪郭を必死に固まるのではなく、ゆるやかにおのれを漂わせる強さがほしいなーと思います。

 

そしてこの話と関連して

私はスタバなどオシャレ空間にいったり(その認識がもうオシャレじゃない精神まるだし)話題のスイーツを食べたり、ショッピングに出かけた時にあまり写真を撮らない。

 

今時珍しいねと言われるくらい、撮らない。

ひとつは、ミーハーな女子と思われたくないから。

 

そしてもひとつ理由があります。

女子のね、性としかいいようがないと思うのだけど、、写真を撮ってSNSにアップしてTLの皆様に何かを匂わせずにはいられない衝動と戦うのがいやなのです。

 

例えばスタバの新作フラペを持って写真を撮るときに、さり気なくネイルしたばかりのピカピカの爪を写りこませてもいいのか

例えばお気に入りの靴を買ったときに、スキニーをはいて上から撮って細く見せた足も披露していいのか

例えばテーマパークに行ったとき、明らかに自撮りじゃない写真を撮って、誰と来たのかと波紋を投げかけてもいいのか

 

不特定多数のみんな、に見せたいような写真を撮ったとき

わたしはとても居心地が悪い想いをするのです。

だから撮らない。

 

でも今日は敢えて

スタバでそれらしい写真を撮って見ました。

 

画面にはネイルした爪も、アクセサリーも、手帳もMacBookも友達の気配も写りこませず、背景には食べかけのビスケットが鎮座しています。せめて食べる前に撮ればよかったものを、、、

でも、このくらいが居心地がいいのです。

私の日常にフォトジェニックさはいらないのです。

 

今般ちまたに溢れる

フォトジェニック

という言葉を聞いた時に

なんだそれ…と冷めた気持ちになってしまうニチカの気持ちに共感してくださる方、きっと今回挙げたご本楽しんでいただけるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

スタバのカフェのフォトジェニックってなんだよ!!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:heliotr0pe:20161005213008j:image

ポメラDM200

ついに発表されました!

ポメラの最新機種。

お値段税抜き4万9800円とのこと。

 

ついに発表されましたなどと

言ってはみたものの、実はポメラを持っていないのです。昨年はじめて存在を知り、ずっとずっと欲しいなーと熱望していた愛しのあの子。

DM100ですら気軽に購入できる値段じゃなく、ああ一ヶ月の食費相当…と思うと何度も踏みとどまってきました。

 

大体小説家さんとかライターさんやブロガーさんという文字を書く職業な人ならまだしも、しがない唯の主婦兼薄給の社会の歯車のわたしに買うほどの理由がない。

ポメラちゃんが手に入ったら

これだけ良いことがあります!

と夫にプレゼンできるほどの材料がなく

でも欲しくて欲しくて 

じーっとキングジムさんのホームページを見ては、ため息をつく日々。

 

あとはDM100のあと随分のあいだ後継機種が出てなかったし、そろそろ新作発表があるかなーと伺っていたところもある。

 

そこにきてコレ!!

新作発表!

テンションあがります。

 

本気で購入を検討しちゃいそうです。

 

 

ただ今まで買うのを踏みとどまっていた理由は、値段以外にもあるなぁと、ふと思ったのです。

 

つまり、私は

ポメラを買ったとして、自分がそれを使いこなせるのか不安なのです。

 

念願の憧れの、かっこいいポメラ

やっと手に入れたとして

それだけでわたしの生活が変わる訳じゃありません。

毎日家事と育児と仕事に追われ、気がつけば子供と一緒によだれを垂らして寝落ちする日々。

 

ポメラさえおうちにあれば

夜子供を寝かしつけたあと起きだして

自分の創作や記録に向かい合う気力が湧くかというと、怠惰な私がそうすぐにスイッチを切り替えたように変われると思えません。

 

今まで何度も

『これを手に入れたら、生活が変わるかも。私が変われるかも。』

そう思って色んなものを集めてきました。

書きやすくて上品な万年筆を買った

これで大人っぽい手紙をしたためようと意気込んだけど、書いたのはいつもの自分の汚い字で

書き出しの時候の挨拶が分からず、使わなくなってしまった。

 

ビジネスパーソンに大人気のライフプラン手帳を買った。

これで私も毎日を管理して充実させよう、そう思ったけど、実際は帰りに寄ったスーパーで買う食材の備忘録になってしまった。

 

可愛いネイルケアキットを買った。

おうちでもできるジェルネイル

これでわたしも少しは自分に手入れをしよう。

けれどジェルネイルを施した指先にテンションが上がるどころか、職場で上司に指摘されないかビクビクしてそればかり気になり、結局すぐ剥がしてしまった。

 

 

どんなに素敵なものでも

素晴らしい場所でも

それを扱う人が、そこに赴く人が

どういう人でどういう味わい方をできるかで、価値が決まってくると思う。

 

例えば文章を書きたくて、書くのが好きで、すでに沢山生み出している人は、ポメラがなくたって、最初からそうしている。

ポメラという最高の相棒を得て、ますます輝きが増すだけだ。

逆に普段から何か表現したいことを持っていない人が、急にポメラを得たから何かを生み出せるようになる訳ではないと思う。

 

 

だから私は怖いだけなんだと思う。

新しいピカピカのポメラDM200を目の前に、なにも書くことが浮かばず、綺麗な白い画面を見つめて途方にくれるのが。

何も自分の中に言葉がないことに、向き合うのが。

 

 

さてそういえば

逆に手に入れてみて、自分の生活が変わった、私が変わったというようなものもある。

 

例えば、ポケットの沢山ついた小さなショルダーバッグ。荷物がいつも多かった私が、荷物を少なくして身軽になろうと思い立ち、思い切って購入した。片手が塞がらない自由さは、通勤に少しだけ小気味良さをもたらしてくれた。

 

例えば、高かったビルトイン食洗機。

最初は家族3人に食洗機?と思ったけど

朝ご飯を作って片付けて、昼ご飯を作って片付けて、夜ご飯を作って片付けてヘトヘトだった休日の家事を半分にしてくれた。

 

自分の例えばを考えてみたら

日常のマイナスをプラスに変えるようなものを取り入れるのは成功していることが多いみたいです。今の日常に何かプラスアルファをする事は、結局あまり効果がないことが多い気がします。

 

そんな訳で

ポメラDM200

値段以外にも買うのを迷う理由が沢山あるニチカでした。

まずは、ポメラDM200を必要とする自分に、使いこなせそうな自分になるのが先かしら。

 

あ〜〜〜でも実機を触りたいです。

 

ポメラDM200を手に入れた方々のレポートを楽しみにしています!

 

2020年

4年後。

東京オリンピックの開催年です。

最近本屋さんで、東京オリンピックを意識した漫画や本を頻繁に見かけるなーと思っていました。勿論開催が決定した時も、どうなる?2020年東京オリンピック!!というようなビジネス雑誌や考察の本はあったけれど

そうではなく、東京オリンピックを4年後に控えた現実と同じ時間軸のなかで語られる創作物が増えたな、と。

あんまり東京オリンピックに興味を持っていなかったけど、大きな出来事なのだな、とそこで気がつきました。

本屋さんに行くのがすきで、そこに並ぶ本の様子から社会のトレンドを感じるのが好きなので、こうやって情報を得て行くことが多い気がする。

何冊か読んでみるつもりなので

そうしたらまた感想を書き残したいな。

 

4年後と言われても

全く遠い未来のことで、自分がどうなっているか予想もつかなかった学生時代はもうはるか昔で、今は何となく4年後の自分の想像がついてしまうようになりました。

相変わらず社会がどうなっているかの予想はつかないけど、それもおいおい先読みしていけるようになりたいです。

 

やはりでも自分の未来の予測がつくのは

寂しいようなホッとしたような

やっぱりちょっと寂しい気持ちです。

 

ちょうど4年前

ロンドンオリンピックの年に生まれた娘は

どんどん成長を遂げており

東京オリンピックの頃にはどんな風になっているのか、何に興味を持つのか想像もつかないなーと思ったそれが楽しみでもあり、少し羨ましくもある次第です。

 

東京オリンピックを見据えて開業予定である

ほしのや東京

にぜひ開業年に宿泊したいというのが我が家の密かな野望なので、それも含めて4年後を楽しみにしたいとおもいます。

 

そしてこの4年間の社会の変化を、そして4年後が到来して浮き足立ったお祭りが終焉を迎えたあとの社会のあり方を、良く見ておきたいです。

 

通勤電車で揺られながら

朝からどんな内容であれ文章を考えるのは寝ぼけた頭にとっていいのかもなーと感じたニチカでした。

ごきげんよう

3年以上に更新終了と決めた過去のブログの最後のエントリのタイトルで初めることに

しました。

ニチカと申します。


何事も機が熟するの待つつもりが腐らせてしまうことの多い私ですが、日和見せず思い切りよく続けていきたい所存です。


このブログの開設自体

9月後半に思い立ち、切りがいいように10月1日にしようと決めたはいいものの、どのブログサービスがいいのか果ては有料ブログがよろしいかと迷走しました。

このままだと危うく迷走したまま10月2日になり、切りが悪いので11月1日まで開設を見送ろうと判断を下したことだと思います。

結果ブログ開設したい熱が冷め、行動せずに終わったろうと想像がつきます。


とにかく逡巡はえいや!と投げ捨て

とりあえずやってみる

という目標をまず達成しました。


今度は

とりあえずやってみたことを続ける

そして

続けたことを自分の糧にしていく

そうして小さいステップを積み重ねて行けたらと考えています。


平々凡々な日常ですが

その中でどんな気づきがあるのか

探って残していきたいです。


ニチカ